防護柵設置基準の変遷

※防護柵設置基準の簡単な変遷をご紹介いたします。

1956年(昭和31年5月)に(社)日本道路協会より『鋼道路橋設計示方書』が発刊され、高欄に関して基準が定められました。

  • 高さは路面より0.9mを標準
  • 荷重は250kg/m

1965年(昭和40年12月)に(社)日本道路協会より『ガードフェンス設置要綱』が発刊され、初めて車両用防護柵の基準が定められました。

1967年(昭和42年12月)、1972年(昭和47年10月)に(社)日本道路協会より『防護柵設置要綱』が改定版として発刊されました。

1986年(昭和61年7月)に(社)日本道路協会より橋梁用防護柵および耐雪型防護柵の技術指針として『防護柵設置要綱・資料集』が発刊されました。
ここで、橋梁用の転落防止柵と車両用防護柵の設計体系が確立されました。

【橋梁用の転落防止柵の場合】

  • 高さは路面より1.1mを標準
  • 荷重は250kg/m(水平荷重)

【橋梁用の車両用防護柵の場合】

  • 主要横梁の中心高さは地覆面より、0.6m以上0.8m以下
  • 下段横梁の中心高さは地覆面より、0.25m以上0.55m以下
  • 種別:A種、B種、C種

※歩行者自転車用柵を兼用した場合、防護柵の高さは路面より、1.1mを標準

1998年(平成10年11月)に(社)日本道路協会より、仕様規定から性能規定へ変更された『防護柵の設置基準・同解説』が発刊されました。2004年(平成16年3月)に「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」の発刊に合わせて、内容の見直しが行われ改訂がなされました。

【橋梁用の転落防止柵の場合】

  • 高さは路面より1.1mを標準
  • 種別:SP種
  • 荷重は2500N/m(水平荷重)  980N/m(垂直荷重

【橋梁用の車両用防護柵の場合】

  • 主要横梁の上端高さは路面より、0.9m以上1.0m以下
  • 下段横梁の中心高さは地覆面より、0.25m以上0.6m以下
  • 種別:SS種、SA種、SB種、SC種、A種、B種、C種

※歩行者自転車用柵を兼用した場合、防護柵の高さは路面より、1.1mを標準

2008年(平成20年1月)に(社)日本道路協会より、平成17年5月 ガードレールに付着した金属片による事故、また、平成18年8月には後続車両に追突された車両が歩道を乗り越えて橋梁の高欄を突破する車両転落事故など、このような事故を踏まえ、より安全性を向上させるため、基準の解説書の改定版としてまとめられました。

【主な改訂点】

  • 歩道などのある橋梁・高架区間での歩車道境界に必要に応じて車両用防護柵を設置する区間
  • 既設の橋梁・高架に車両用防護柵又は高欄兼用車両用防護柵を設置する場合の考え方
  • 防護柵への付着金属に対する対応